糖尿病とは
  1. HOME
  2. 糖尿病とは

糖尿病とは

image

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンの作用が不足しこの血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気です。
この血液中のブドウ糖の割合を血糖値と呼びますが、血糖値の値が高くなることによる病気です。
糖尿病は、発症すると完全に治ることはありません。しかし、状態に合わせて治療の3本柱である「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」を行えば、健康な人と変わらない生活を送ることが可能です。その為には正しい知識をもち、上手く糖尿病と付き合っていくことで、普通の人と変わらない生活を送ることができるのです。
一般的に食事をすると一時的に血液中のブドウ糖の量が増えますが、インスリンによってブドウ糖を体内に取り込むことで、エネルギー源として使うことができる状態にしてくれます。
普段はこのインスリンの働きによって、血糖値は一定の範囲内におさまっています。
ところが糖尿病患者さんは、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなったりして、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。そして血糖値が高い状態(高血糖)が長く続くと、さまざまな病気(糖尿病合併症)を引き起こします。


糖尿病の判断基準

1
朝食を食べる前の血糖値(早朝空腹時血糖値)が126mg/dL以上
2
75gのブドウ糖を摂取し、2時間の値が200mg/dL以上
3
採血した血糖値(随時血糖値)が200mg/dL以上
4
HbA1c6.5%以上

※上記のいずれかが該当する場合には糖尿病の疑いがあり、さらに詳しい検査が必要です。
糖尿病専門内科の高田クリニックへご相談ください。


糖尿病になるとどうなる?

image

糖尿病になると血液中が血糖値の高い状態になり、血糖値が高い状態は、血管を傷つけたり、血液をドロドロにしたり、さまざまな負担を血管に与えます。糖尿病は、長い時間をかけて血管をボロボロにしていく病気とも言えます。
血管は、心臓から送られる血液を全身に循環させる重要な器官です。特に、細い血管(毛細血管)は、もともと血管自体がもろく、血糖値が高い状態の影響が早いうちから出てしまいます。毛細血管が集中する網膜、腎臓、手足に現れる障害もあり、糖尿病で起こる確率が高い合併症です。
血糖値が高い状態が長期間続くと、毛細血管だけではなく太い血管にも影響を与えます。大血管障害と呼ばれる、脳梗塞・心筋梗塞など直接命にかかわる病気を引き起こすこともあります。
これらの合併症は、糖尿病の可能性がある、あるいは糖尿病と診断されたときから進行し、5~10年くらいで出現すると考えられています。血糖値が高い状態をほうっておくと、失明や透析や手足の壊疽えそを引き起こし切除などしなければならないケースもあります。
反対に今の生活習慣を改善し、正しい治療をすれば合併症を防ぎ、普通の人と変わらない生活が送れます。


糖尿病の推移

糖尿病にかかっていても、ほとんど自覚症状が出てこないこと[糖尿病を意識したことがない]ことが、発見を遅らせ、進行させてしまう一因となっているのです。
日本の現在の成人糖尿病人口は約720万人で、昨年の710万人から微増しております。糖尿病予備軍は成人人口の約27%と推測されています。昨年から見ても上昇傾向にあり、これからも増え続けていくと考えられています。少しでも予備軍を少なくする為にも一層の食生活の見直しと、運動の促進をする必要があります。