院長の写真貼り
  1. HOME
  2. 院長の写真貼り

院長の写真貼り

東武アルバム

Ⅰ.消えた風景


1.有料急行 

 

2.準急浅草行きを追い越す快速浅草行き

「準急」の呼称は曳舟-新越谷間速達列車に用いられるようになり、この線区の準急は「区間急行」と称されるようになりました。 快速も大部分が区間快速となり、東武動物公園以北が各駅停車になったため、板倉東洋大前駅での追い越しシーンは朝の上り1回だけになりました。かつては多かった新大平下駅での追い越しシーンです。夕方1回残っていましたが、これもなくなりました。


3.佐野線1800系通勤車

  • 1.有料急行 私鉄では珍しかった有料急行がなくなりました。板倉東洋大前駅を通過する急行「ゆのさと」

  • 2.準急浅草行きを追い越す快速浅草行き

  • 3.伊勢崎線急行・特急として活躍した1800系の通勤用改造車が、佐野線のワンマン化に伴い、姿を消しました。

  • 渡良瀬川鉄橋

  • 佐野市駅でのワンマン車との交換風景

  • 両毛線のオーバークロス付近


Ⅱ.改正後の風景

①上下区間快速の特急退避。新大平下駅。通過する下り特急はJR新宿からの直通電車JR485系「きぬがわ5号」。


②栗橋で東武線から一旦東北線下り線に入り、東武線をくぐったところで上り線に渡るJR新宿行き「スペーシアきぬがわ」。


③黒川鉄橋(北鹿沼-板荷)を渡るJR485


④行川鉄橋(板荷-下小代)を渡るJR485系「きぬがわ5号」

 

⑤臨時特急「きりふり」に抜かれる区間快速浅草行き(板倉東洋大前)

行楽シーズンで、夕方420分ごろでもある程度陽が無いと撮れない風景です。

 

⑥朝の下りに、快速の追い越しシーンがありました。

 

この改正により栃木・群馬の沿線住民は多大の不便を被ることになりました。

改正の問題点を論じた「甦れ!快速電車」が、「蔵の街クリニック」に掲載されています。併せてご覧下さい。


Ⅲ. 四季を走る

 

 

  • ①谷田川橋梁付近の桜とスペーシア 柳生-板倉東洋大前

  • ②利根川鉄橋にいたる築堤の菜の花 栗橋-新古河

  • ④新大平下駅に入る南栗橋行き普通電車

  • ⑤鯉のぼりとスペーシア 北鹿沼-板荷

  • ⑥田植えの後 板荷-下小代

  • ⑦これも下野楽遊がらみの撮影でした。鹿沼の福田屋にチケットをお願いしに行ったついでに、ちょっと足を伸ばしたら、鯉のぼりと電車を写しこめるポイントを見つけました。その先に有名な築堤があり、有意義な鹿沼行となりました。

  • ⑧冬  冬晴れのあい沼 柳生-板倉東洋大前

  • ⑨冬枯れの小倉川(思川)鉄橋を渡る臨時特急きりふり(東武金崎-楡木)

  • ⑩日光連山を望む  野州大塚-壬生


BACK_NUMBER ②

  • 毎週火曜と金曜、田沼町(今の佐野市)の奥にある特別養護老人ホーム「蓬莱荘」に行っています。 先代から引き継いだ仕事です。コスモスの向こうに見えるのが蓬莱荘です。

  • 刈り取った稲を干している様子です。こういう天日干しは最近減っているのではないでしょうか。 手前の白い花は蕎麦の花です。田沼や葛生の山里は、蕎麦が有名ですよね。 皆様にもお気に入りのお店があるのではないでしょうか。

  • 蕎麦とコスモスのコントラスト。蓬莱荘へ行く道路沿いの風景です。

  • 蕎麦の白、曼寿沙華の赤、稲の黄。鮮やかな山里の秋です。これは蓬莱荘への道から1本入った道沿いの風景です。ついつい寄り道してしまいました。


BACK_NUMBER ③

  • 庭に咲いた朝顔です。「夏」を感じる花ではないでしょうか。歳時記では秋かもしれませんが・・・。 朝顔は紫の花も咲きました。

  • 当院の庭にはいろんな花が咲きます。 先代が好んだバラが、今年も花をつけました。 バラは英国の象徴。高島屋の象徴でもある。・・・ごもっとも。

  • これも名前がわからない花2題。

  • 菊科であることは間違いなくても、きちんとした名がわかりません。 ご存知の方、教えてください。

  • 百合であることは間違いないですが、カノコユリ?壁の照り返しで、葉が焼けてしまいます。でも花は咲きました。

  • 街中のわずかな緑にも生命は育まれるようです。こんな虫も見つけました。 どうやら夜ジージーと鳴くのがこの虫のようです。『ジージの虫』と子供の頃怖がった鳴き声の正体が、 40数年ぶりに明らかになったのでしょうか。ただ、この虫も名前がわかりません。